探偵 神宮寺三郎 新宿中央公園殺人事件 由紀子の事件簿 第12章 バーイースト

桃子の部屋を一通り調べた由紀子
次に向かうのは桃子の勤め先「バー・イースト」
何かしらの手がかりを得られる事には間違いないだろう

さぁ捜査の再開だ!

私は桃子が勤めていたというバー・イーストへやってきた
バーの中にはホトンド客は居ない
話を聞くには好都合だね

由紀子:
ナニかオススメを

バーテン:
オールドクロウなど如何でしょうか

由紀子:
ジャ~それで

バーテン:
おまたせしました
オールドクロウのロックです

由紀子:
おまかせにした私もわるいんだけさ…
ソコはストレートでしょ?普通は?
まぁいいや…
ここで働いていた桃子について教えて欲しいな

バーテン:
スイマセン…
高田桃子ですね
えぇ、うちでホステスをやってもらっていました、イイコでしたよ
もとはいいところのお嬢さんでね
大学を出てここに来るまでは一流の企業に勤めていたんですよ

由紀子:
ナンで企業を辞めちゃったんだろうね

恵子:
病気のせいさ・・・

バーテン:
恵子さん、仕事はどうしたんですか?

恵子:
客はあンた一人だからね・・・

由紀子:
病気について他に知ってる事って?

恵子:
確か心臓の病気で、大きな病院に通ってるって
その病気のせいで前の会社を辞めさせられたらしいよ

由紀子:
桃子の交友関係って分かります?

恵子:
誰とでも訳隔てなく話すコだったからね
人気があったよ・・・
彼氏っぽいのも来ていたしね

由紀子:
どんな人なの?

恵子:
どこかの大学の子でね
桃子に熱を上げて通い詰めていたっけ
角筈って言ったかな・・・
桃子も嫌いじゃなかったみたいだよ

由紀子:
それ以外でナニか変わった事って無かった?

恵子:
そういえば最近桃子のところに・・・
偉そうで、いかにもお堅い仕事って感じの親父が来てたね
その客が帰った後、
桃子は酷く怒っているみたいだったよ・・・


今回の捜査はここまで
桃子に彼氏っぽいのが居る事がわかった
その名は角筈
どこの学生なのだろうか・・・

次回を待て!


この記事へのコメント