探偵 神宮寺三郎 新宿中央公園殺人事件 由紀子の事件簿 第17章 角筈

もっさんが暴漢に襲われた
襲ってきた相手は二人組みの若者
どうやら人違いでもっさんを襲ったらしい
一体何故、そして誰を襲おうとしたのだろうか・・・

さぁ、捜査の再開だ!

⇒持ち物
       ⇒高田桃子の携帯

私は高田桃子の携帯電話を操作し「角筈一郎」の番号に電話をした

数回のコールの後に若い男の声が飛び込んできた

角筈?:
桃子、どうしたんだよ!
心配したんだぜ!

由紀子:
角筈ね?

角筈?:
・・・・・・!
アンタは、誰なんだ!?

由紀子:
私は神宮寺由紀子、探偵よ

角筈?:
探偵・・・?
何で探偵なんかが桃子の携帯を・・・

由紀子:
その事についてアナタに話さないといけないことがあるの
電話で話すのもなんだし、直接あって話をしたいんだけど

角筈?:
分かった
新宿歌舞伎町の喫茶店「ル・メール」へ来てください

そう言い電話を切った

由紀子:
それじゃ行って来るね~
姐さんも気をつけてね

瞳:
姉御こそ気をつけてくださいよ

私は指定された喫茶店ル・メールにやってきた
平日の朝と言うこともあり、人もまばらで数名の客しかいない
お一人様の客は・・・
太った男
思いつめた目をした男
本を読んでいる男
楽しげな女
の四人だけだ

⇒話す
      太った男
     ⇒思いつめた目をした男
      本を読んでいる男
      楽しげな女

由紀子:
アナタが角筈さん?

角筈:
あぁそうだよ
アンタが探偵さん?

由紀子:
そうよ

角筈:
それで、どうしてあんたが桃子の携帯を持っているんだよ

由紀子:
その事なんだけど
気を張って聞いてね・・・
高田桃子は殺されました・・・
犯人はまだ誰か特定されていない上に、捕まっていません

角筈は信じられないという顔をしている
だが、数秒で事態を理解すると、放心したような顔になり
そして、泣き始めた

私が3本目のゴロワースに火を点けた時に、角筈はようやく顔を上げた

角筈:
・・・・・・そうですか・・・・・・

由紀子:
角筈さん・・・、ツライだろうけど協力をしてくれない?

角筈:
わかった・・・、協力するよ・・・
探してくれよ、桃子を殺した奴を!

由紀子:
桃子の事を聞かせて欲しい

角筈:
桃子とは大学のハングライダー部の打ち上げの時に会ったんだ
最初は飲み屋の女だと思って、正直馬鹿にしていたさ・・・
でも、桃子はそこいらの女とはちょっと違ってた・・・
上手くいえないけど、すごく頑張っているというか・・・正直っていうか・・・
ひどい病気を持っているのにいつも明るくてさ・・・
でもどんな病気かは教えてはくれなかった・・・
そのせいで前の会社を辞めさせられたって・・・
それでもめげずに頑張って・・・
この間なんていい病院を紹介してもらって・・・
もしかしたら病気が治るかもしれない、なんて言っていたのに・・・

由紀子:
いい病院を紹介・・・ですか

角筈:
桃子はずっと文永大学病院に通っていたんだ
確か手術もしたって言ってた
でも結局治らなくて・・・
最近新しい病院に行ったんだ

由紀子:
病院を変えるつもりだったのね

角筈:
あぁ・・そういえば
つい2、3日前変な電話をかけてきたな・・・
夜中に急に電話をかけてきて、病気が治りそうだって言ってた
でも、あまり嬉しそうじゃなくて・・・何か悩んでいる感じだったよ・・・

由紀子:
悩みか・・・

角筈:
多分・・・
病気の事だったんだと思う・・・
あの日は新しい病院へ行ったはずだから・・・
でも、何を悩んでいるのかは教えてくれなかった・・・
今思えばあれが、桃子がかけて来た最後の電話だったんだよな・・・

それだけ言うと、角筈は再びうつむいて涙を流しだした
悲しみと後悔の涙を・・・

由紀子:
角筈さん
私は絶対に犯人を見つけ出す!
高田桃子が、素晴らしい人だったということが確信できたからね
犯人を見つけたら、必ずこの報いは受けてもらう!
だから後のことは私に任せて欲しいの

角筈:
神宮寺さん・・・ありがとう
お願いします・・・


今回の捜査はココまで

桃子の彼氏、角筈からの証言を得た由紀子
どうやら桃子は病院を変えるつもりだった事
病気が治るかもしれない事を聞き出した

瞳:
もっさん怪我の方はへいき?

もっさん:
かすり傷みたいなもんさ

瞳:
姉御また暴走してたでしょ?

もっさん:
昔に比べたらずいぶんオトナシクなったもんだけどねぇ

瞳:
コレお見舞いの青酸カリ入りのチョコです

もっさん:
・・・毒物!

瞳:
ウソです、アーモンド臭のする何かが入ったチョコです

もっさん:
青酸カリ!?

瞳:
ジョ~ダンよ、はいアーモンドチョコ!

もっさん:
前フリが怖すぎンですけど・・・

瞳:
大丈夫!毒は入ってるから!

もっさん:
キミもヤンデレか!?

もっさんの安否を気にしつつ

次回を待て!

この記事へのコメント